フリマアプリで売ってギリギリの節約生活をした体験談

学生時代、奨学金を借りていたこともありアルバイトをしてお金を稼いでいました。

ファミレスのウエイトレスで月に八万円ほど稼いで、なんとか生計を立てていました。家にもお金を入れていたため、貯金はほとんどしていませんでした。

大学三年生になり長期の実習が始まったことと、アルバイト先での人間関係が上手くいかなかったことが重なり、アルバイトを辞めてしまいました。

アルバイトを辞めて一、二カ月は親にお金を借りるなど、なんとか生活をすることができました。もともと少なかった貯金もすぐに底をつき、そんな生活は長くは続きませんでした。

お金がなく、お昼ご飯を節約のために欠食したり、友達からの遊びの誘いをなくなく断ったり、とても辛かったです。周りの友達は、お金に余裕があり自由な生活をしていたので羨ましく感じていました。そして、なんの計画もなくアルバイトを辞めてしまったことを後悔しました。しかし、私はどうしても働きたくなく友達に何かいい方法はないかと相談しました。友達は、自分が使わなくなったものを売るフリーマーケットアプリを教えてくれました。そこで私は以前使っていたゲームや、ブランドのお財布、ブランドの服を売りました。

高額な値が付くこともしばしばあり、働かずしてお金を手に入れることができました。それからは、自分の部屋をまるで宝探しのように物色しフリーマーケットアプリに出品しました。こうして私は金欠の状態からなんとか脱出することができました。

競馬でお金を失い、必死に収入源を作った体験談

私がお金が無くなって困ると思うのは何といっても、趣味の競馬で負けがかさんだ時です。

ほとんどはインターネットでの投票になりますので現金の重さを感じないまま、どんどん投資してしまう悪い循環に陥っています。それでも給料日になって、お小遣いをゲットするまで、競馬をやめられない。そんなときには自分でお金を稼ぐしかありません。

しかし、基本的には会社から副業は禁じられていますので、源泉徴収でばれてしまったり、仕事に影響をあたえるような仕事は無理です。もちろん、インターネットのポイントサイトやアンケートサイトも実際のところはコツコツと頑張っているのですが、翌月氏はリアになって、いざという時の資金になりえないこともあります。

そこで、わたしは平日の夜、たまに家庭教師を引き受けることにしています。知り合いの紹介なので家庭教師協会を通すこともなく個人的な謝礼を受け取る形です。

なかなか給与も増えず、おこずかいも増えない状況ではこうしたちょっとしたアルバイトも重要な収入源です。わたしはこれで何とか、自分の趣味を楽しんでいます。競馬だけではなく、ゴルフもセットなのでそこそこお小遣いにお金がかかってしまうのが困るところです。

最近新しく始めたものは、ソフレ、いわゆる添い寝フレンドを募集してお小遣いをもらう方法です。

ソフレや添い寝フレンドとは、その名の通り、添い寝だけする友達以上恋人未満な関係のことです。

エッチ目的ではななく、疲れを癒したり、寂しさを埋めてくれたりする友達を見つけ添い寝してあげるんです。

男性でもそういった関係を望んでいる人は多く、掲示板サイトでソフレや添い寝フレンドを募集してお小遣いをもらっています。

誰でもできるのでオススメです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *