悪質な滞納者になってはいけない

納得している人の中でも

通常の落納者と悪質な落納者がいます。

差押え通知書が届くときは「悪質な締納者」の可能性が高いという事です。

そのものも差し押さえ通知書が届いている時点で、これまでの勧告を無視して事実により、納納処分になると記載の手紙も受取ってからです。

家にいない、届いていないと言っても、この手紙はまだ調査されている段階ですからそのような事は絶対に得られません。

不在であったとしてもありません。

それだけ効力が強いのはなのです。

で、どんなものにするか悪質な落納者から外れる事ができるのか。その手法は1つしかありません。

「支払い相談に行く」

年金事務所へ直接の相談をして行ってありません。

これは、自分の経済状況で「払えない」からとして免除されるものではありません。分割にもらう、あるいは有見見があるのであれば差押執行を待ってもらえませんにありません。

あなたを現実にするまで誠意なもの、無視を続けてきたワケですから、支払いの誠意を見せる以外にないという事です。

できる限度早い段階で解決していいのに相談に行く事が大切です。手元に届いたらすぐに行きましょう。

ハマラーな予定だったパチンコでツキがなくなる

私は男性、愛知県在住の28歳会社員です。私の学生の頃に体験したお金がなくなって困ったことを話します。

大学三年生の6月頃の事です。私は実家に住みました大学に通いながら、飲食店のアルバイトをしていました。月のバイト代は約8万円くらいです。そんな時に、ふと大学の友人からパチンコに誘われました。その日は給料日の翌日だった事もあり、朝から友人三人でパチンコに行くことになりました。結果は三人とも負けです。ちなみに私は給料をすべて使い果たしてくださいしました。1日で8万円も使うなんて信じられないかもしれませんが、その日は本当に全ツキがない、夜には1円も残っていませんでした。

帰り道、地元だったので歩いて家に帰る途中に本当にあと一ヶ月どうややっと過ごせば良いのか、時間を戻すのなら等、色々な事を考えている歩いていました。その時の顔は本当に刑務所に行く前の人みたいな顔をしていたと思います。

いったい一ヶ月どど過ごすのか…

そんなにお金がない事をバレないようにしたくないはならない…

大学までの交通費は定期的に使ってなくて乗り切りました。あとは食費。これも実家なので大丈夫。親には疑われましたが、バイトが飲食店だったので、賄いの残りをバイトに入った時に少々持ち帰り乗り切りました。

問題は彼女と友人の交際費です。一ヶ月全会はなかった、飲み会には参加しないで間違いなく疑われます。

私が飲み会は彼女と遊ぶから断りました。これで飲み会も大丈夫です。

あとは彼女に金がない事がバレなようにするだけでした。彼女とは大学が別に家もそろそろ離れるので、月に数回は会えませんでした。たた月に一回は必ず会う約束は彼女として、これを破った別れると約束もしていました。

会日は給料日一週間前の日曜日に決まりました。ここが一番難しかったです。遊園地に行く約束も前からしていました…

正直にお金がなくて、言いたい…。

私が運が良かったです。ちょうど梅雨の時期で明日は天気予報で確実に雨が降ると予報でした。それで彼女の自宅でのデータとなり、お金はかからず事をきました。

こうして1ヶ月ではありませんが、無事に所持金ゼロで乗り切りました。

ただこれは学生の実家主義だから達成できたことだと思います。